<< ホームページの更新情報と活動通信第20号 | main | 最近料理してないなぁ【料理をはじめたきっかけを振り返ってみた】 >>

議会改革のこれまでとこれから

龍馬プロジェクトの研修と忘年会のため、ただいま新幹線で東京に向かっています。
本日は弾丸日帰りで、帰ってきてからは松南志塾の事業計画打合せ。
明日午後から、明後日にかけては林英臣政経塾の全国合同合宿が京都で開催されます。

さて、議員1期目から議会改革検討協議会の副委員長をさせて頂き、色んなことが進んできました。
全会一致で進めてきたこともあり、最初はなかなか進まなかったものも、一つ歯車がかみ合うとよい流れができるものです。

議会改革の大まかな流れは、

・日本初!議会傍聴よびかけ隊が約5年半前に開始。(市議会開会の1週間前に市内3か所に全議員が分かれて出向き、マイクとチラシを使って議会傍聴の呼びかけ活動)


・インターネット中継を約5万円の導入コストのみで実現(5年前)


・委員会でのプロジェクター使用を開始(議論の精度向上)



・平成26年議会基本条例の制定。3つの基本理念を明確化。

〇毀韻里燭瓩痢∋毀韻砲錣りやすい、市民に開かれた議会
議会の機能向上
市民が政治に関心を持ち、新たに政治に参加、挑戦したいと思える議会

議会内の政策討論会の開催(まだまだ課題あり)
市民との意見交換会(好評です)
小学校の市議会議場見学を議員が直接説明。等々、新たな取り組み開始。


・市議会ホームページを大幅リニューアル
議会資料館で、市の計画等を整理収納。誰もが活用しやすく。
デザイン性、議員紹介のページから過去の発言をボタン一つでチェック。また、各議員のHPやSNSへ直結。
政務活動費の公開(領収書データあり)。委員会視察報告公開(個人、会派視察報告書の公開も目指しています)
各議員の議案賛否の公開。
等々、情報公開度をアップ、また活用できるホームページを目指しています。
民間の力を最大限生かしながら、全国市議会のホームページの中では際立った存在に。

是非ご覧ください→
http://izumiotsu.gsl-service.net/


・膨大な紙資料のペーパレス化を目指し、思考的にパソコンやタブレットの会議への持ち込み
議論の質向上や、コスト削減にもつながる。


・市議会本会議へのパソコン、タブレット持ち込みと、プロジェクター使用(3月議会より施行的にスタート予定)

誰もが見ていてわかりやすい議論を目指します。


ただいま、議会改革検討協議会で今後の課題を整理中。
特に、来夏の参院選挙から18歳から選挙権が付与されることもあり、議会による小中高生への主権者教育をどう実現させていくか、議論をはじめています。

8年前に議員になった頃とは空気感が随分と変わり、前向きな議論ができる土壌になってきています。


有り難いことに、視察の受け入れも徐々に増え、1月には4つの議会が来てくれます。
来てくれると確実に経済効果にもつながります。

引き出したり、火付け役になったり・・・まだまだ、課題山積ですが、引き続きがんがんいきます。


 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM