<< 【1月17日勉強会を泉大津で開催!】「スイスで視た、教育システムと若者の意識、経済力」 | main | スイス視察報告会を開催しました【日本の教育が学ぶべきものは】 >>

【大変反響を頂きました、原・大・本・徹 講演会】自分のやりたいことと、世の中が求めることを一貫させる教育

【松南志塾の人財育成で培ってきたノウハウが、企業や団体運営でも生かされる】


1月13日の夜、経営実践研究会という団体の特別講演会で講師を務めました。

経営実践会は、日本型の
三方よし(売り手よし買い手よし世間よし)の公益経済を実現しようという志高い経営者の会。
 

タイトルは、
【原大本徹のすすめ〜あなたにしかない世の中での役割を見つけるための最強メソッド】




松南志塾で長年取り組んできたまちづくりを通じて、人を育てながら、まちを育てる活動。



そこから得た確信を、お話しました。



なぜ、卒業生が後輩指導に来る文化が根付いているのか?
なぜ、人を育てる活動に地域の人々が関わるようになったのか?
なぜ、卒業生が地域の人と連携して色んな事業をしているのか?

 

その中心にある取り組みがまちぐるみでの立志教育であり、核となるツールが原大本徹。
原大本徹は、林英臣政経塾で学んできた、全体観を養いながら自らの生き方をつくっていく、立志教育ツールです。
 


これをやる過程では、
自分のルーツや歴史を学ぶこと。
地域、業界、日本をはじめ海外の情勢を学ぶこと。
未来予測をすること。

これらを常日頃から学び考え続けます。



その上で、自分がどこをフィールドにして、なぜ何のために何を成し遂げたいのか、原点と志を明らかにしていきます。



そして、行動。



これをチームで徹底的にやると、個人が自己改善を繰り返し成長するためのエンジンと、チームで切磋琢磨するためのエンジンがそれぞれ備わります。



ここまでいくと、自走できるチームになる。



成長を心から実感できたものは、後輩やまわりにその受けた恩を返そうとする。



実際に体験してきた卒塾生からも体験談をお伝えさせて頂きました。



おかげさまで大変多くの反響を頂いています。

しっかりとした価値観を持った人材が育てば、よい会社、よい地域、よい国ができる。


原大本徹を伝えながら100人の1歩の輪を広げていきます。
 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM