<< 本日、市議会一般質問で登壇します | main | 4月2日は第5回さくらまつりin助松公園 >>

施政方針についての一般質問の報告【要旨と動画】

3月3日に、議会一般質問で4月からはじまる新年度の「施政方針について」4点質問しました。
【質問の様子がネット動画で視ることができます】
https://www.youtube.com/watch?v=mv5NAzrfpXk&feature=youtu.be

 

仝園長寿命化計画については、
平成24年に、当時のインターン生と市内約80の公園を調査し、公園開設以降(古池公園で約50年)児童遊具の更新実績がゼロと判明。議会での質問からようやく公園整備に向けて動きが起こりました。
今回の質問では


・単純に遊具更新するのではなく、子育て世代は公園情報に敏感。市民から情報収集をすべき。
→やる方向で回答


・遊具更新だけでなく、公園のグランドデザインを示すべき。
→あいまいな回答


・いくつかの公園だけでも、特色をつくるべき(事例紹介しました)。
→市長から否定的な回答



∧刃揃屡については、
「戦争体験者から話を聴く」「平和を願うだけの企画」、これらだけでは思考停止させる。戦争がなぜ起こるのか?どうやったら防げるのか?何ができるのか?平和を自分たちでつかみとるためにも、現実直視しながら考えさせるような啓発にすべき。
→提案の要素を入れていきたいと回答

 

I郎ぢ从、こどもの居場所づくりである「こども食堂」について
みんなで食べる楽しさやつながりを感じてもらうという目的だけではなく、どのような境遇であっても子供たちが自立して生きていく力をつけることを目的に据えるべき。そのためにも買い物、調理、後片付け、すべて自分たちでできるようにサポートしてあげることが大切である。
→平行線



ぞΧ箸粒萓化について
・大学連携もやっていることからも、シェアオフィスやコワーキングスペースの整備による、人が集い、情報交流の拠点整備を。
→必要性はあると回答

 

・中央商店街での日高町の野菜販売の人の流れは、次の仕掛け方次第で人を元氣にしながら地域経済を動かすことができる。
→地域経済を動かすための具体策は現状ないとのことだったので提案。



・商店街空き店舗対策、そこから起業を増やすには、家主交渉から店舗リノベーション等の環境整備が必須。全国的にうまくいっている地域には必ず、ずば抜けたリーダー、リスクを背負う人の存在がある(淡路島レトロこみちと宮崎県日南市油津商店街の事例紹介)。本氣度が全然足りない。現状出来ないのなら民間人採用も考えるべきでは。
→今のところ考えなし


一見よいことをやってそうに見えても、戦略や理念、目的、仕掛けがしっかりしていないと全く違う結果が生まれます。


理念や目的が弱い。
本氣度が感じられない。
戦略がない。
そう感じるものがたくさんありました。


あり方を議論し、具体提案もしましたが、どこまで届いたか・・・
まちのポテンシャルを最大限引き出したい。
 

自立できる子供を増やし、自分たちの頭で考える市民国民が1人でも多くなればと願っています。



危機感が募る一般質問となりました。
議場での傍聴、ネット中継でご覧頂いた皆さん、有り難うございました。
 

当日の質問の様子を動画でご覧ください→
https://www.youtube.com/watch?v=mv5NAzrfpXk&feature=youtu.be


コメント
次回の議会も頑張ってください」
  • junko
  • 2016/06/07 9:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM