<< 8月20、21日は【第5回みんなのキャンナイっ!と復活!盆踊りin助松公園】 | main | 地域間連携によるまちづくりを進めています >>

週末のイベント前に、春のさくらまつりを振り返って

春に開催したさくらまつりについて、フェイスブックに投稿した内容です。

 

気づけば次のイベント。早いもんです。

 

 

【予算ゼロからの挑戦はみんなの誇り】

なんと快晴のもと、第5回さくらまつりを開催することができました。
おかげさまで、とても賑わいました。
お話された方の7割は「晴れたやん」と笑ってくれました。

 

松南志塾の学生を中心に地域の方々と連携しながら企画から当日の運営まで、たくさんの方々に支えられながらよく乗り切りました。

 

レールを敷いてあげればもっとスムーズにいくことも、あえてやらず。
当日のトラブルもある程度想定。
修羅場は一緒に乗り切る。

地域の方々と、企画、予算もゼロから創ってきてるので、主体者意識があるため、カバーし合いながらなんとかなるもんです。

 

若者を育てる活動に対する理解も広がっています。

 

片付けは会場に来ている方もたくさん手伝ってくれます。

やっと定着してきたかな。
ぼくがいなくても自走できるところまで来たように感じます。

 

 

個々の課題はあるにせよ、イベントとしては大成功だったと思います。
子供からおじいちゃんおばあちゃんまで、たくさんの笑顔を見ることができました。
たくさん人が集い、ゆっくりと過ごされている方が多かったことがよかった。

「ほんといい光景だなあ」と心からの幸せを感じました。

いやぁ、楽しかった。

 

 

かかった費用は約7万円。助成金等一切なし。
皆で汗をかいて工夫で捻出できました。

子供から光齢者までが活躍した第5回のさくらまつり。

 

 

次の仕掛けも進んでおり、助松公園は着実に進化していきます。

 

 

一緒に汗を流してくれた皆さん、ご参加頂いた皆さん、有り難うございました。

楽しみながら「やればできる!」を体現しましょう。

 

 

イベントの片づけが終わってからは、食事、そして松南志塾OBの運営のもとみんなで振り返り。
よかった点、改善すべき点、議論が白熱。

 

成長の場だからこそ、皆本氣です。

 

OBの成長と、自分達が担っていくんだという意識もみられ、頼もしさを感じました。

次の企画に向け、色んなお声や提案が早速たくさん届いています。
よい感じです。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM