<< 多くの方の想いをのせて、一般社団法人松南志塾が本格始動! | main | 目標3トン!皆さんお力添えをお願いします。【いらなくなった衣類は北助松商店街へ!】 >>

【議会一般質問の要旨】自治体経営において、将来予測に基づいた戦略、経営感覚、ビジョンが必須だが・・・

去る9月14日に、市議会一般質問を実施しました。

ユーストリームから、議会質問が動画で視れます。(4分30秒頃からぼくの質問がはじまります)
http://www.ustream.tv/recorded/91334370

 

 

【上條小学校3号館の対応について】

平成22年に耐震補強工事をしたにも関わらず、耐震強度が基準値を満たしていないことが判明した、上條小学校3号館について。

 

 

・コンクリート強度が満たさないことをわかりつつ、そのことを公にせずに進めた当時の教育委員会の対応は不適切で、建て替えを行うべきであったという見解を示された。

 

 

・津波避難指定ビルにもなっており、道義的にも問題ありとの指摘に対しては認めなかったが、法的措置も視野に検証する。

 

 

・3号館の普通教室(5クラス)は1,2号館に9月中に移動。家庭科室、理科室はプレハブを建てて対応(時期はできる限り早期との回答)。

 

 

・教育環境の低下に対しては、対策をする。

 

 

・今後の建て替えについては、財政との協議もまとまっていない。

 

 

【財政運営と市の将来ビジョンについて】
(病院財政)
・病院については今後収支の悪化が見込まれる。H28年度は約8億円繰り入れて、約4億円の赤字見込み。H29は9億円繰り入れて、約2億5千万円の赤字見込み。

 

 

・診療報酬改定で今後さらなる収支悪化。近隣市含めた同医療圏では民間病院の躍進。将来的に本市病院を取り巻く環境はどんどん厳しくなる。

 

 

・どれだけ収支悪化しても公設公営を堅持するのか?という問いに対し、公立で運営したいとの市長答弁。「湯水のごとくというわけにはいかない」という答えあったものの、赤字の限界基準やビジョンは示されず・・・

 

 

(市の財政)

・国は今後も交付税や国庫補助(ともに国からの仕送り)は減らしてくる傾向だと予測している。

 

 

・財源をどう確保するかについては、安定的かつ中長期の税収は市民税。よって、住み続けてもらう、選んで住んでもらわなければならない。
魅力や特色も必要であり、具体的な方策を質問。

 

(回答)
地域コミュニティの再構築、セーフコミュニティによる安心安全、認知症サポーター、行政主導のこども食堂、あかちゃんの駅設置、公立の認定子ども園整備(3園目開設目指す)、ヘルメット購入助成、交通利便性の高さや市の特性などの情報発信による市のイメージアップ。

 

 

・安心安全や、安心して預けられる環境があるのは当たり前のことであり、選んでもらうには「高付加価値」が必要。そして教育が重要になる。
時間がなかったのでごくごく一部だけ事例紹介。例えば配偶者所得撤廃議論→働くを選ぶ女性が増える可能性→安心して預ける+受けさせたい教育環境+仕事や雇用がある。ママスクエアの事例。
幼児期から学童期にかけて、子供の能力を最大限引き出す、能力開発教育の事例等・・・

 

 

市長に答弁を求めたが、【将来予測に基づいた戦略、経営感覚、ビジョン】は聴けませんでした・・・・

 

 

はじめて議会傍聴に来られた方から「議会に関心を持つことが、自分たち、子供たちにとって、とても大切であることを感じた。一人でも多くの人にみてもらいたい」というご意見が届きました。

 

危機感と使命感がふつふつと湧いています。

ユーストリームから、議会質問が動画で視れます。(4分30秒頃からぼくの質問がはじまります)

皆さんの関心がまちの力になります。
http://www.ustream.tv/recorded/91334370


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM