幸福度世界一の国、デンマークの幼児教育から学ぶ

【幼児教育のあり方について、一緒に考えよう】

11月10日、幸福度世界一の国、デンマークの幼児教育勉強会が市民会館で開催され、トークセッションに出演しました。

最初は、ブラッキー中島さんとのトークセッション。


講師は、高田ケラー有子さん。デンマークから関空に降り立ち、その足でわざわざ泉大津にお越しくださいました。

 

なんと、先日龍馬プロジェクトメンバーがデンマーク視察の時にお話を伺ったとのこと。つながります。

 

 

日本にも少しずつ広がっている森の幼稚園。

http://morinoyouchien.org/

 

 

森の幼稚園は、園舎がある幼稚園、ない幼稚園がある。

 

 

真冬でも外で遊ばせ、寝たりもする。雨の日も外で遊ぶ。

 

 

大きな木に包まれる安心感。

 

 

森に命が息づいていることを学ぶ。

 

 

新鮮な空気を吸うことで、肺の機能を強くなる。

 

 

病院の小児科には滅多にかかることがないとのこと。

 

 

体力、好奇心、社会性を遊びの中から学ぶ。

 

 

大切にしていることは、
「自分で決める」

「楽しく生きる」
「経験から学ぶ」
子どもを一人の人間として、常に話を受け止め、自分で考えさせ、自分で決めたことに責任を持たせることを幼児期から大切にする。

 

 

子どもを信じて見守るということが社会全体の共通言語であると感じました。

 

 

保護者、地域社会、幼稚園や学校でも大切にしている共通言語があり、コミュニケーションを常に大切にしているので、信頼関係が構築されているとのこと。

 

 

その上で子育て環境のシステムを整えている。

 

 

文化や国柄は違えど、子どもを育てる上で、共通する大切なことがあると思いました。良いところはしっかりと見習いたい。

 

 

デンマークでは数年前に教育改革をしたそうです。

 

過保護だと人間が本来持っている機能が弱くなる。

管理をし過ぎることで、能力が引き出せなくなる。

身体の力、免疫力、適応力、好奇心、考える力、判断する力、自分で決める力等々。

 

よかれと思ってやっていることが、可能性に蓋をすることになっていないだろうか。

 

 

こういうことを先生や保護者、市民としっかりと考えたい。

 

 

ご縁を頂けたことに心から感謝申し上げます。

 

 

世界中を飛び回っている、鹿児島県の奥先生も泉大津まで来てくださいました。

 

これから凄いことが起こる予感!


足指の使い方で人生が変わる!

11月5日の「足指の使い方で人生が変わる」セミナーにコーディネーターとして登壇しました。

 

5.6歳までの姿勢が、生涯にわたって影響する。正しい姿勢は、足指をしっかりと地面につけることから。

 

 

足指をつけて立腰、姿勢を保てる、脳の活性化、集中力、そして学力につながる。

 

 

森部昌広准教授、橋間ドクターともに共通の考えでした。

 

 

整形外科の先生である橋間先生の「整形外科に来る患者で、整形外科疾患は1割。残り9割は精神疾患」

 

衝撃でした。

 

姿勢の土台となる、足部、特に指が大切であることがはっきりとわかりました。

 

結果には必ず因があるように、本質を見抜き、正しい知識を伝え、的確な対策、施策をうっていきたい。

 

 

幼児教育から健康づくりまですべてにつながります。

 

先生方や職員さんにも是非知ってもらいたい。

 

すでに実践している、フットコンディショニングによる、高齢者の方の足の機能回復サポート。足指の使い方は、幼児期の身体づくりから教育、そして生涯の健康にまでつながることが確信になりました。

 

 

◆森部 昌広(もりべ まさひろ)
*九州共立大学総合研究所副所長
*一般社団法人全日本コンディショニングコーチ協会(NCCA)代表理事
オリンピック日本代表選手他、各種プロスポーツ選手の指導経験も豊富なプロフェッショナル・コンディショニング・コーチ。「トータルコンディショニング」を普及させる活動に尽力している。

 


◆橋間 誠(はしま まこと)
*日本整形外科学会認定医
*日本整形外科学会認定スポーツ医
*FHA認定シューフィッター
大阪府岸和田市の整形外科・内科【医療法人 橋間診療所】院長。整形外科医として診察を重ねるうちに、靴や足指の使い方が全身骨格の変形につながる事に関心を持つ。薬、注射だけでなくクリニックにフィットネスを併設し運動療法を中心とした予防医療を実践。


南出賢一後援会総決起大会!

たくさんの仲間に支えられ、11月4日の後援会総決起大会を大盛況で開催することができました。

松南志塾(南出インターン)学生代表、浜村耕大

林英臣政経塾の同志、渡辺宮城県議会議員

市議会同会派の丸谷議員


同じく同会派の林議員

 

泉大津の将来予測を示した上で、将来に希望が持てる泉大津をつくるために、0歳から100歳までの人づくり、地域経済を元気に、7討い箸佞譴△い△佞譴襪泙舛鼎り、それぞれの政策について事例を交えながらお話しました。

もっともっとできることがある。

誰もまちのことを諦めたくない。
よいまちになってほしい。
人の役に立ちたい。誰かに求められたい。
将来に希望を持ちたい。
心のどこかできっと思っている。

自分のため、大切な子や孫のため、将来の泉大津のために共に立ち上がろう!

魂を込めてお伝えしました。

たくさんの方が涙を流してくれました。
小学生たちの心にも響いたとお母さんたちが伝えてくれました。

 

力が湧き上がってきます。

命と闘志を燃やします。


議会の災害時対策と力強く優しい絵画

11月1日、議会検討協議会で滋賀県大津市議会に視察に行ってきました。

 

目的は、議会BCP(業務継続計画)と、議会局について。

 

議会BCPは、大規模災害時の議会の行動指針等を示し。議会機能を保持し業務を継続できる体制を維持するためのもの。

 

 

議会局は、議会事務局のあり方について、議会の庶務的なことをやるだけではなく、議会の参謀であるべきだとの理念のもと再編された部署のこと。チーム大津市議会として、役割分担をしながら知恵袋としての役割を果たしている。

 

 

議会のICT化も含めて、市民に開かれた市民にわかりやすい議会を目指した取り組みも進んでいる。

 

議会と市役所がしっかり連携し知恵を出し合えば、よい取り組みが実現できる。
たくさんのヒントを頂き、とても有意義な視察になりました。

 

また10月31日は、条東小学校で、口と足で絵画を描く芸術家の出前授業をみてきました。

幼いころに病気や事故で障がいを持たれた方たちの描かれたもの。

どれも絵が優しく、生き生きとしている。

 

児童「どうやってそんなに上手になったんですか?」

芸術家「いっぱい練習すれば、上手になれる。諦めないこと」

 

 

子供たちの目が耀いてました。

 

 


人と人、地域と地域をつなぐ【つながる市場】

10月16日、みんなdeつながる市場in助松神社。 昨年のどしゃ降りとは違い、秋晴れの気持ち良い気候の中、無事に開催できました。


地元の資源の掘り起こしや、地域の方々やお店の活躍の場づくり、人と人、地域と地域のつながりづくりになればとの思いからはじまっています。


<串処千代菊の松下オーナーによる食育講座

古事記の紙芝居




課題はあれど、とてもよいイベントになったと感じています。


毎月あればとの声もあがり、これからさらに前進していきそうです。

イベントに尽力された皆様に感謝申し上げます。松南志塾の現役、OBも企画、準備、運営と頑張ってくれました。




これまで全国にネットワークを地道に築く中で、連携がはじまった一つの地域が淡路島。柏木くんという自然農法を実践している若手経営者との出逢いがこの取り組みの原点にあります。 もっと辿れば、彼との出逢いのきっかけは松南志塾卒の吉田恵太君からのご縁です。


また、開催にあたっては数年来、学生を育てる活動、まちづくり活動を一緒にしてきた方々との信頼関係があってこそできたもの。


色んなご縁や信頼関係、まちへの想いがあってこそ実現できているものです。


ご縁を生かすも殺すも、行動と知恵と汗次第。


自分たちのまちは自分たちでつくる。この意識を一人でも多くの方が取り戻すことと、活躍してもらうための仕掛け、場づくり、仕組み次第でまちに活力は生まれます。


建設は死闘。崩壊は一瞬を肝に銘じ、前進し続けます。



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM